英会話 独学 術 3Qnetショップ71

アクセスカウンタ

zoom RSS 論語★公冶長第五★七

<<   作成日時 : 2008/03/01 17:09   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

孔子は別世界に行こうとしていた説がある★
子曰、道不行。乗稃浮干海。從我者、其由與。
子路聞之喜。子曰由也、好勇過我。無所取材。

「論語」には
「人としての生き方」が賢人の言葉によって書かれています★

毎日1章づつ、学んでいけば、
「チャングムの誓い」のチャングムのように
真の教養が身につきます☆

難しく考える必要はありません。。。
分からなければ、↓のポイントを心にとめてください☆
問題が起こった時
「考え方」の参考になるではないでしょうか?★

日本語力と考え方の向上が他の語学習得には不可欠★

曲は「Mozart - Eine Kleine Nachtmusik (3th & 4th movements)モーツァルト」&「村治佳織の心に響く『CAVATINA』」&「愛の挨拶
★曲と一緒に楽しんでは〜?(↑クリック最小化&音量注意)


公冶長第五(こうやちょう)

七、子曰(しいわ)く、
   道(みち)行(おこ)なわず。
   稃(ふ)に乗(の)りて海(うみ)。
   我(われ)に従(したが)う者(もの)は、
   其(そ)れ由(ゆう)なるか、と。
   子路(しろ)之(これ)を聞(き)きて喜(よろこ)ぶ。
   子曰く、由や、勇(ゆう)を好(この)むこと我に過(す)ぎたり。
   材(ざい)を取(と)る所(ところ)無(な)し、と。

(現代語訳)

老先生がこうおっしゃられたことがあった。
「乱世じゃ。稃(ふ=いかだ)に乗って東海にでも行くか。
(この私に)付(つ)いてくるのは、
ま、由(ゆう)ぐらいか」と。

子路(しろ)(本名は由)はこの話を伝え聞き、嬉しがった。
(という話をお聞きになった)
老先生は
「由の大胆さは私以上だ(から、荒海を越える気力はある)が、
(冒険航海に堪える稃の辛抱強さのような)
材質は(子路(しろ)にはないな)」とおっしゃった。

(論語・全訳注:加地伸行/講談社学術文庫)

ポイント

孔子は国外の野蛮人たちの国へ行き
徳治を行おうとしていた説が多い★

東の海
=蜃気楼が見え別世界があると思われていた。
=東海に蓬來山(ほうらいさん)=不老不死の仙境、

クリック↓★

論語 開巻 第一★目次
英会話 独学 術★目次
英会話 独学 術★本★目次
韓国語 独学 術★目次
英会話 独学 術★音楽★目次


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
論語★公冶長第五★七 英会話 独学 術 3Qnetショップ71/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる