英会話 独学 術 3Qnetショップ71

アクセスカウンタ

zoom RSS 論語★八佾第三★二二

<<   作成日時 : 2008/01/14 07:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

僭越(せんえつ)でなかれ4★
子曰、管仲之器小哉。哉曰、管仲儉乎。曰、管氏有三歸。
管事不囁。焉得儉。然則、管仲知禮乎。曰、邦君樹塞門。
管氏亦樹塞門。邦君爲兩君之好、有反坫。
管氏亦有反坫。管氏 而知禮、孰不知禮。

「論語」には
「人としての生き方」が賢人の言葉によって書かれています★

毎日1章づつ、学んでいけば、
「チャングムの誓い」のチャングムのように
真の教養が身につきます☆

難しく考える必要はありません。。。
分からなければ、↓のポイントを心にとめてください☆
問題が起こった時
「考え方」の参考になるではないでしょうか?★

日本語力と考え方の向上が他の語学習得には不可欠★

曲は「Mozart - Eine Kleine Nachtmusik (3th & 4th movements)モーツァルト」&「村治佳織の心に響く『CAVATINA』」&「愛の挨拶
★曲と一緒に楽しんでは〜?(↑クリック最小化&音量注意)


八佾第三(はちいつ)

二二、子曰(しいわ)く、
    管仲(かんちゅう)の器(うつわ)小(しょう)なるかな、と。
    哉(ある)ひと曰(いわ)く、
    管仲倹(けん)なるか、と。
    曰く、管氏(かんし)三帰(さんき)有(あ)り。
    管事(かんじ)摂(か)ねず。
    焉(いずく)んぞ倹(けん)なるを得ん、と。
    然(しか)らば則(すなわ)ち、
    管仲は礼(れい)を知(し)るか、と。
    曰く、邦君(ほうくん)は樹(た)てて門(もん)を塞(ふさ)ぐ。
    管氏も亦(また)樹(た)てて門を塞ぐ。
    邦君 両君(りょうくん)の好(よし)みを為(な)すに、
    反坫(はんてん)有り。
    管氏も亦反坫有り。
    管氏にして礼を知らば、
    孰(たれ)か礼を知らざらん、と。

(現代語訳)

老先生が
「管仲(かんちゅう)の器量は小さい」とおっしゃられたので、
ある人が問うた。
「それは管仲(かんちゅう)が
ケチな男だったということですか」と。
老先生はこう答えられた。
「管(かん)殿は三ヵ所もの邸宅を構えており、
それぞれ家臣が専任でいる。
どうしてケチであろうか」と。

すると
「そういう贅沢(ぜいたく)をしていましたのなら、
臣としての礼が分かっていたのでしょうか」と問い重ねてきたので、
老先生はこうおっしゃった。

「国君の場合、
城内にあるその邸第(やしき)の門を入ると、
前に目隠し用の土塀(あるいは板塀)を作っている。
(管仲(かんちゅう)のような
卿大夫(けいたいふ)階層の高官では、
簾(すだれ)、
士階層では
帷(とばり)(カーテン)であるのに)
管殿は
自邸の門内に土塀を築いていた。
また国君の場合、
諸候が出会い友好を深める際、
会場となる堂(正庁)に
反坫(はんてん)という土製の台を設け、
儀式で酒を使うとき、
そこに杯(さかずき)を置く。
この反坫(はんてん)を
家臣の管仲(かんちゅう)が自邸の堂に設けていた。
(国君気取りで僭越(せんえつ)であり贅沢をしたこの)管殿を
もし臣としての礼が分かっていたとするならば、
この世に礼を知らぬ者などはない」と。

(論語・全訳注:加地伸行/講談社学術文庫)

ポイント

八佾(はちいつ)とは
天子(天皇)の舞楽にあたる、
(縦横8人ずつ=64人で行う祭祀(さいし)の舞い★

管仲(かんちゅう)は
孔子よりも百数十年前の人
孔子の祖国★魯国の東方の隣国
斉国(せいこく)の実力者となり
国君の桓公(かんこう)は管仲(かんちゅう)の力で
覇者(はしゃ)となった★

覇者(はしゃ)とは
名目だけで実力のなかった王者(国王)の下で、
諸候を率いた事実上の最高指導者★

僭越(せんえつ)とは
自分の身分・地位を超えて出過ぎたことをすること★

僭越(せんえつ)でなかれ★

クリック↓★




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
論語★八&#20350;第三★二二 英会話 独学 術 3Qnetショップ71/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる